ヴェルファイア価格ラボ|新型ハイブリッドも!徹底的値引き方法!

本物の高級車であって、大人しくないヴェルファイア

ヴェルファイアと言えば、ネッツ店のフラッグシップとして人気のLLサイズミニバン。果たして日本国内でこの大きさの車をミニバンと呼んで良いのか、甚だ疑問は残ります。

 

ネッツ店と言えば、古くはカローラに対してのスプリンター、レビンに対してのトレノ、マークIIに対してのチェイサーなど、昔から少し若さを強調したやんちゃな車を販売するディーラーの位置づけです。同様に、先代のアルファードに対しネッツ店では少しデザインを変更したアルファードVを販売していました。

 

現行となるヴェルファイアは、やはり兄妹車であるアルファードと路線を変えています。位置づけは高級感イメージを全面に出したアルファードに対し、高級感を保ちつつ若者向けのデザインに振ったヴェルファイアと言ったところでしょうか。

 

実際カタログでもヴェルファイアは「力強さ・先進性」を謳っており、上品さが売りのアルファードとはターゲット層が違うようです。

 

ヴェルファイアGsports

トヨタ車と言えば、同じ車種でもグレード・特別仕様車などの違いにより全く違う味付けを行っていることが多いのですが、ヴェルファイア・アルファードはそれが顕著です。

特にスポーツバージョンのG SPORTS(通称G’s)は、サスペンションをローダウンしスポーツ方向へ振り、ミニバンにありがちな剛性不足を嫌いボディの補強溶接追加、空力を徹底追求などクーペやセダンのスポーツバージョンと同様に大がかりな改良をしています。

 

乗ってみると、ノーマルシャシーのグレードとG’sでは味付けが明らかに別の車になっています。ミニバンはどうしても重心が高くなりコーナリングにおいて不安定になりがちですが、ヴェルファイア・アルファード・エスティマ共通のプラットフォーム(シャーシ)は、元々トレッド幅が大きく取られており、少し車高を落とすことで安定します。車高を落とす=乗り心地の悪化となるのが普通ですが、それを感じさせない味付けはトヨタならではなのです。

 

もちろん他のグレードが悪いわけではありません。元々上質な乗り心地を持っているヴェルファイアを、力強い走りの質へ振ると「G’s」になると言えます。アルファードにも同様のグレードがありますが、最もヴェルファイアらしさを持つグレードではないでしょうか。

 

ヴェルファイアは基本的に国内専用車だったのですが、結構な数が左側通行で右ハンドルの香港・マカオへ並行輸入されました。そのあまりの人気を受け、トヨタは正規輸出をスタートしています。(アルファードは中国・台湾へ左ハンドル仕様を輸出しています)

 

ご存じの様に香港・マカオともに高級車に乗る層は多く、彼らを満足させるには偽物の高級感ではなく本物である必要が出てきます。ハイブリッドモデルを含め、本物志向のユーザーに受け入れられる性能を持ち合わせているヴェルファイア、お薦めの一台です。

ヴェルファイアとアルファードの比較

アルファードとヴェルファイアの違いについて

アルファードとヴェルファイアはいったいどう違うんだろう?そんな疑問を持っている人も多いようです。こちらで簡単に解説しています。参考にどうぞ。

アルファードとヴェルファイアの違い>>

 

アルファードとヴェルファイアの違い、その乗り心地体験談

ヴェルファイアと良く比較される車種にアルファードがあります。
実際に購入する際には選択に悩まれる方もいるかと思います。こちらはヴェルファイアに実際に乗っている埼玉県の男性の体験と感想です。率直な意見と乗り比べた感じが綴られています。

ヴェルファイアとアルファード、どんな感じに違うのか参考までにどうぞ>>

 

ヴェルファイア所感

TOYOTAアルファードの兄弟車として開発されたヴェルファイア。

 

最近、家族が増えたこともあり、今は同じTOYOTA車のラウムに乗っているのですが、少し手狭に感じ始めていました。そんなときに義理の弟夫婦がヴェルファイアに思い切って買い換えたことから、個人的にも俄然興味が高まってきた車です。

 

ヴェルファイアの魅力は、もちろんただ車内の空間が広いというだけではありません。そのデザイン、内装がユーザーをひきつけているのではないでしょうか。

 

どちらかというと兄弟車のアルファードが上品さを売り物にしていたのに比べて、ヴェルファイアのデザインは力強いイメージを持っているといえるのかもしれません。フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用しており、よりアグレッシブなイメージを見る人に与えます。

 

車内に目を向ければ、アルファードと同じように7人乗りと8人乗りの2パターンが用意されており、ユーザーの多様な選択肢にこたえられる設計となっています。またリクライニングやオットマンの動作が電動となっているモデルも開発されているので、ユーザーにとってはより利便性が高まったといえるでしょう。

 

そのように充実した設備を誇っていることから、ヴェルファイアを販売しているネッツ店ではもっとも高価な車種となっています。この価格の点からも、ユーザーにとっては憧れの存在、高嶺の花といえるのかもしれません。ただ、以上に述べてきたような事情から、検討の価値は十分にあるといえるでしょう。

 

このヴェルファイアで注目されていたのは、ハイブリッド車が発売されるのかどうか、ということでした。ハイブリットの発売は2011年のことでした。ガソリン車も燃費はリッターあたり13キロとそれほど悪くはありませんが、ハイブリッド車はリッター20キロだそうです。

 

もともと高級車として、シニア層をターゲットに開発されたアルファードに比べ、ヴェルファイアは若者層に照準を合わせて開発された車種。家族とともに遠出することが多い若者層にとって、この燃費は魅力に感じられるのではないでしょうか。

 

また走行性能の面でも、コーナーの安定感がアルファードに比べて、より高まったという評判です。フロアも低くなっており、乗り降りがしやすくなっています。運転の見晴らしもいうことがありません。シートも大型化され、長時間のドライブでもストレスを感じることがないということを耳にしました。次の買い替え時には、ぜひとも検討してみたい車のひとつです。

ヴェルファイアの魅力

やっぱり、トヨタヴェルファイアの4駆は強かった!

たまたま出会ったヴェルファイアに魅了されました。長野の別荘へ行くのにも全く疲れを感じさせない程の素晴らしい走りと、雪道でも安心して乗れる安定性。高級外車のような乗り心地なのに、家族でレジャーにがんがん走れる性能で魅了されました。

東京都 I・Aさんのヴェルファイア体験談はこちら>>

 

我が家のヴェルファイア購入記

夫が単身赴任を終えて帰郷するのに合わせてヴェルファイアを購入する事になりました。大きくて、見栄えの映える車に乗りたいという夫の夢でした。今までの車の下取りにネット一括査定を利用する事と、ディーラーと粘り強く交渉する事で大幅にお得な価格で買い物をする事が出来ました!

大阪府 Y・Sさん一家のヴェルファイア購入記はこちら>>

 

ファミリーカーに最適!

家族を持ったら欲しいと思っていたヴェルファイアをとうとう購入。その快適な居住性と心地よい乗り心地、ファミリーカーとしての利便性に大満足です。簡単に装着出来るチャイルドシートなど、小さい子供がいる家庭には大変うれしい心遣いですね。

神奈川県 T・Oさん のヴェルファイアレポートはこちら >>