ヴェルファイア価格ラボ|新型ハイブリッド値引き方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルファイアの価格を劇的に下げるマル秘方法とは

現在、ヴェルファイアの購入を考えている方は、オプションやカラーなどいろいろな事に楽しみながら悩まれていると思いますが、一番気になるのは、やはりヴェルファイアの価格ではないでしょうか。

 

ヴェルファイア クラスの車になると値引きなどでも、微妙な違いが相当大きな金額になるので、慎重によい買い物をしたいですよね!

 

 

もちろん、今考えているディーラー全てから見積もりを取りますが、この時に2点ほど注意して欲しい事があります。

  • 1つは、ヴェルファイアの現時点での新車の相場を調べておくこと。
  • もう一つは、見積もりは「下取りあり」と「下取りなし」の2つを必ず取ると言うことです。

 

新車の価格の相場を知ろう!

ヴェルファイアの新車の現時点での相場を知るには、オンラインで全国のディーラーから無料で一括見積もりの取れる【オートックワン】が便利です!

 

伊藤忠商事やSBIグループが出資している信頼できるサービスですので安心して利用できます。1〜2分で新車の価格の相場が分かります。

 

【オートックワン】で相場を知ってからディーラーと交渉すれば、何も知らずに行くよりも断然有利に話を進められますよね。

 

全国の新車ディーラーからオンラインで見積りが取れる。もちろん無料!


 

また、完全な「新車」にこだわらないなら、「新古車」「未使用車」を購入するという手立てもあります。これらは実はメーカーから”販売実績作り”のためにディーラーを通さずに流通しているもので、基本的に「新車と中身は変わりません」。車検はついています。また、メーカーの保証もディーラーで簡単手続きするだけで受けることが出来ますのでお買い得ですよね!

≪「備考」欄に、「新古車」「未使用車」希望!と入れて下さい。≫

 

お得なヴェルファイアの新古車・未使用車の価格をチェック!>>

 

見積もりは2種類取りましょう!

見積もりを「下取りあり」と「下取りなし」の両方で取ると、その差額は下取りに出す愛車の価格になります。

 

ですから、そのディーラーがいくらで愛車を買おうと考えているのかはっきりと分かりますね。また、もちろん、ヴェルファイア自体はいくらなのかも明確にわかります。

 

ヴェルファイア自体は、【オートックワン】も参考に最安値を提示してくれたディーラーで購入すればいいとして、実は、愛車の下取り価格の方にちょっとしたポイントがあります。

 

多くのディーラーでは、ここを買い叩いて利益を出す傾向があり、実際の中古車市場相場では、もっと高い価格が付くことが多いのです。

 

つまり、愛車を少しでも高く売れば、その分、ヴェルファイアを安く買えたのと同じになりますよね!

 

現在の愛車の最高価格はいくら?

ヴェルファイアの価格を安くすることに成功しました!

愛車を中古車市場の最高価格で引き取ってもらえたら、その分を新車のヴェルファイアの購入費用に充当できるので、結局、ヴェルファイアを最安値で購入出来たのと同じになりますよね。ここは上手にやると相当な金額が違ってきます!

 

では、どうすれば簡単に出来るでしょうか。
ぜひオススメしたいのが、全国にネットワークをもっている大手中古車買取りチェーンでの査定です。無料で一括で査定をしてもらえるので使わない手はありませんね
きっと予想以上の価格で愛車を買ってくれるでしょう!

 

ネットワーク加盟業者によっては事情で通常以上の高値で引き取ってくれる場合があるので、ぜひ複数の業者を利用されることをお薦めします!

 

ズバット車買取比較

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認して見る!>>


《ズバット車買取比較》では、大手査定会社のJac、ガリバー、カーセブン、ラビットなどを含む 145社以上の車買取業者から、厳選8社に一括で査定依頼ができるので、 手軽なオークション感覚で一番高い買取業者が選べます!出てきた査定価格を徹底比較して、あなたの愛車の最高価格が分かります!

 

かんたん車査定ガイド

「かんたん車査定ガイド」で確認して見る!>>


中古車の買取査定サイトの決定版!! 今すぐネットで愛車の買取価格をチェック「かんたん車査定ガイド」。簡単な車情報の入力だけで、最大10社に一括で見積もり!!ボタン一つであなたの中古車の最高額が分かります!
高額査定をしてくれる会社を探して走り回る時代はもう終わり。車を高く売りたいのならネットで一括比較です!

 

カーセンサー.net簡単ネット査定

「カーセンサー.net簡単ネット査定」で確認して見る!>>


中古車情報誌カーセンサーのwebサイト『カーセンサーnet』は、リクルートが運営するクルマ総合情報サイト。
中古車買取一括査定も全国の買取店が参画。たった2,3分程度の入力作業で完了。カーセンサーにしか掲載していない買取店もあるから一番高く買い取ってくれるお店が探しやすい!

本物の高級車であって、大人しくないヴェルファイア

ヴェルファイアと言えば、ネッツ店のフラッグシップとして人気のLLサイズミニバン。果たして日本国内でこの大きさの車をミニバンと呼んで良いのか、甚だ疑問は残ります。

 

ネッツ店と言えば、古くはカローラに対してのスプリンター、レビンに対してのトレノ、マークIIに対してのチェイサーなど、昔から少し若さを強調したやんちゃな車を販売するディーラーの位置づけです。同様に、先代のアルファードに対しネッツ店では少しデザインを変更したアルファードVを販売していました。

 

現行となるヴェルファイアは、やはり兄妹車であるアルファードと路線を変えています。位置づけは高級感イメージを全面に出したアルファードに対し、高級感を保ちつつ若者向けのデザインに振ったヴェルファイアと言ったところでしょうか。

 

実際カタログでもヴェルファイアは「力強さ・先進性」を謳っており、上品さが売りのアルファードとはターゲット層が違うようです。

 

ヴェルファイアGsports

トヨタ車と言えば、同じ車種でもグレード・特別仕様車などの違いにより全く違う味付けを行っていることが多いのですが、ヴェルファイア・アルファードはそれが顕著です。

特にスポーツバージョンのG SPORTS(通称G’s)は、サスペンションをローダウンしスポーツ方向へ振り、ミニバンにありがちな剛性不足を嫌いボディの補強溶接追加、空力を徹底追求などクーペやセダンのスポーツバージョンと同様に大がかりな改良をしています。

 

乗ってみると、ノーマルシャシーのグレードとG’sでは味付けが明らかに別の車になっています。ミニバンはどうしても重心が高くなりコーナリングにおいて不安定になりがちですが、ヴェルファイア・アルファード・エスティマ共通のプラットフォーム(シャーシ)は、元々トレッド幅が大きく取られており、少し車高を落とすことで安定します。車高を落とす=乗り心地の悪化となるのが普通ですが、それを感じさせない味付けはトヨタならではなのです。

 

もちろん他のグレードが悪いわけではありません。元々上質な乗り心地を持っているヴェルファイアを、力強い走りの質へ振ると「G’s」になると言えます。アルファードにも同様のグレードがありますが、最もヴェルファイアらしさを持つグレードではないでしょうか。

 

ヴェルファイアは基本的に国内専用車だったのですが、結構な数が左側通行で右ハンドルの香港・マカオへ並行輸入されました。そのあまりの人気を受け、トヨタは正規輸出をスタートしています。(アルファードは中国・台湾へ左ハンドル仕様を輸出しています)

 

ご存じの様に香港・マカオともに高級車に乗る層は多く、彼らを満足させるには偽物の高級感ではなく本物である必要が出てきます。ハイブリッドモデルを含め、本物志向のユーザーに受け入れられる性能を持ち合わせているヴェルファイア、お薦めの一台です。

ヴェルファイアとアルファードの違いは何か

 

ヴェルファイアは、価格やコスパでアルファード以上!

 

ヴェルファイアとアルファードの比較

ヴェルファイアと言えば、比較対象として、アルファードが出てきます。

 

グレードによってですが、ヴェルファイアの方が圧倒的に価格が安い場合があります。私はヴェルファイアに乗っていますが、乗り心地はアルファードと大差ありません。メーターなどは、常に燃費が表示されて、あとどれくらい走る事が出来るかや、燃費の良い乗り方をサポートしてくれます。

 

ヴェルファイアのインテリアも素晴らしい
リクライニングシート

インテリアに関しては、まずシートが自動でリクライニングします。微調節も可能で、ボタン一つの操作です。これまでのリクライニングの操作と言えば、シートの側面などからの手動操作を前提としていましたが、こちらは完全に自動でフットレストの調節も可能です。マッタリとした旅や時間を過ごしたい時には必須の車と言えます。

 

シートは暖房付

車の乗り降りの際も考慮されており、降りる時には、シートが自動で後退します。逆に運転操作をするとなると、自動で前進して最適な位置を保ってくれます。他にも機能があり、シートには暖房機能があります。通常だと、寒い時などは車内にしか暖房が効きませんが、ヴェルファイアだとシート自体にも暖房機能が搭載されているので寒い時にはかなり重宝します。

 

続きはコチラから >>

 

アルファードとヴェルファイア、どう違う?

トヨタが産んだ最強の兄弟車・アルファードとヴェルファイア
ヴォクシーとノア

トヨタが生み出したミニバン兄弟といえば、「ヴォクシー」「ノア」が有名ですよね。この二台は内装を含め性能はほぼ同じ、でも外見が大きく異なることで知られています。なぜ外見を変えたのか?という理由には諸説ある様ですが、「せっかく性能がいいのに、外見が気に入らないために購入に至らない」という人を取り込むのが狙いでしょう。

 

それを証明するかのように、どこか穏やかな表情をしているノアに対し、ヴォクシーは少し尖った様な顔に見えます。この違いが、違った年代のユーザーを惹きつけることになり、結果としてたくさんの顧客を産むことにもつながりました。さすが世界のトヨタ、車を売る戦略にかけてはぬかりないと言わざるを得ません。

 

アルファードとヴェルファイア

さて、そんなトヨタきっての兄弟車に「アルファード」「ヴェルファイア」の二台があります。

 

2002年に誕生したアルファードをモデルチェンジするに伴い、2008年に誕生したのがヴェルファイア。つまり、アルファードの方がお兄さんということですね。トヨタビスタで販売されていたアルファード(現在はネッツで販売)に対し、ヴェルファイアは当初ネッツトヨタで販売を開始。アルファードと違ってフロントマスク2:2に並べられワイルドさが強調されただけでなく、コンビネーションをクリアに設計することで「若年層向け」を実現しました。

 

アルファードが「落ち着きのある洗練された車」という印象であるのに対し、ヴェルファイアはどこかやんちゃで若い雰囲気に仕上がっており、同じ性能ながら印象は全く異なる車に仕上がっています。キリリとしたヴェルファイアのフェイスは、そのまま鋭いまなざしの若者のよう。この兄弟は日本のみならず世界を虜にし、高級なファミリーカーとして爆発的な人気を得ています。

 

続きはコチラから >>

ヴェルファイア所感

TOYOTAアルファードの兄弟車として開発されたヴェルファイア。

 

最近、家族が増えたこともあり、今は同じTOYOTA車のラウムに乗っているのですが、少し手狭に感じ始めていました。そんなときに義理の弟夫婦がヴェルファイアに思い切って買い換えたことから、個人的にも俄然興味が高まってきた車です。

 

ヴェルファイアの魅力は、もちろんただ車内の空間が広いというだけではありません。そのデザイン、内装がユーザーをひきつけているのではないでしょうか。

 

どちらかというと兄弟車のアルファードが上品さを売り物にしていたのに比べて、ヴェルファイアのデザインは力強いイメージを持っているといえるのかもしれません。フロントマスクも上下2分割のヘッドライトを採用しており、よりアグレッシブなイメージを見る人に与えます。

 

車内に目を向ければ、アルファードと同じように7人乗りと8人乗りの2パターンが用意されており、ユーザーの多様な選択肢にこたえられる設計となっています。またリクライニングやオットマンの動作が電動となっているモデルも開発されているので、ユーザーにとってはより利便性が高まったといえるでしょう。

 

そのように充実した設備を誇っていることから、ヴェルファイアを販売しているネッツ店ではもっとも高価な車種となっています。この価格の点からも、ユーザーにとっては憧れの存在、高嶺の花といえるのかもしれません。ただ、以上に述べてきたような事情から、検討の価値は十分にあるといえるでしょう。

 

このヴェルファイアで注目されていたのは、ハイブリッド車が発売されるのかどうか、ということでした。ハイブリットの発売は2011年のことでした。ガソリン車も燃費はリッターあたり13キロとそれほど悪くはありませんが、ハイブリッド車はリッター20キロだそうです。

 

もともと高級車として、シニア層をターゲットに開発されたアルファードに比べ、ヴェルファイアは若者層に照準を合わせて開発された車種。家族とともに遠出することが多い若者層にとって、この燃費は魅力に感じられるのではないでしょうか。

 

また走行性能の面でも、コーナーの安定感がアルファードに比べて、より高まったという評判です。フロアも低くなっており、乗り降りがしやすくなっています。運転の見晴らしもいうことがありません。シートも大型化され、長時間のドライブでもストレスを感じることがないということを耳にしました。次の買い替え時には、ぜひとも検討してみたい車のひとつです。

ヴェルファイア体験レポート

やっぱり、トヨタ ヴェルファイアの4駆は強かった

ミニバンばかりの私の歴史

我家の車庫には車は2台あり、一台は三菱の軽自動車で妻がちょっとした用事などに使ってます。そして小生の乗っているのは、ミニバン・オンリーと言ってもよいくらいで、車を持ち始めてから主にトヨタ系が主であり、概ね、20年以上この方の乗り続けています。初めは後輪駆動のミニバン、その次に前輪駆動のミニバン、その後は4輪駆動のミニバンでした。 

 

ヴェルファイアとの出会い

現在、タウンエース・ノアを乗っているが、家族が増え、しかも子供も成長しているので、ワンランク上の車の日産のエルグランドかトヨタのアルファードのクラスが欲しいなと思っていました。 そしたら先日、息子から「平塚のトヨタ中古車センターにいい車が有るよ」という連絡がありました。早速、拝見したところ、、「トヨタ ヴェルファイア」の4駆で、年式はやや古かったけど、外観は傷も無く、良好な程度であり、何よりも走行距離が少なかったので、大いに気に入ったのだった。

 

ヴェルファイアといえば、トヨタの最高級ミニバンと言われたアルファードを更にグレードアップした車で、近年になって新規に売り出したものであり、時折、走行中に見かけてはいる。担当者が言うには、持ち主が相当大切に乗っていたようで、時々、家族でのレジャーに乗ってた以外は、屋根付の車庫に常時保管されていて状態が非常に良いと伺った。 価格もソコソコで希望に適ったので、担当者と更に話し合いを進めることにした。

 

続きはコチラ>>

 

我が家のヴェルファイア購入記録

夫の帰郷と新車購入決定

これまで単身赴任していた夫がこちらに戻ってくることになりました。今までは私しか運転する人がいなかったので、比較的小さめの私でも運転しやすい車に乗っていましたが、これを機に車を買い替えることになりました。夫はこれまでも運転が大好きでしたが、単身赴任ということで向こうには車を持っていきませんでした。そして、今度買換えたら、この後はもう、それほど車を買い替えないだろうということで、少し大きめで豪華な感じの車がいいとのことです。

 

夫の第一希望はヴェルファイアだけど

今のところ夫の一番買いたい車はトヨタのヴェルファイアです。私もカタログを見せて貰って確かに素敵なのですが、大きくて私にも運転が出来るかちょっと心配です。そして燃費も今乗ってくる車より少し悪くなります。一番のネックはやはり価格でしょうか。本体価格だけで300万円以上してしまうので、実際に払う金額はかなりの物になります。

 

ヴェルファイアを見に行って下取り査定

今乗っている車はトヨタの車ではないのですが、実際にヴェルファイアを売っているお店に行って取りあえず今の車の査定をして貰いました。次にヴェルファイアを買うという前提で査定金額を出して貰いましたが、思ったような金額ではありません。ディーラーはすぐにでも話しを進めたがっていましたが、やはり金額の大きい買い物なので、できるだけお得な買い方があるのではないかといろいろ方法を探ってみることにしました。

 

続きはコチラ>>

 

ヴェルファイアの快適性・利便性に大満足です

念願のヴェルファイアを購入

この春、念願だったヴェルファイアを購入した。しかもゴールデンアイの特別仕様車だ。

 

色々な段階を経て、ようやくヴェルファイアに辿り着いた。始めに購入したのは、軽自動車のタント。彼女と付き合って少しして買った。20代半ば、まだ若かった。次に購入したのは、ステーションワゴンのWISH。彼女との付き合いも深まり、遠出をするようになった。30歳を少し過ぎた頃。

 

少しだけ時が経ち、付き合っていた彼女と結婚し、子供が産まれ、我が息子が1歳になる少し手前でヴェルファイアを購入した。

 

彼女との仲、そして家族が成長するに連れて車のグレードも上がり、行きつく先がヴェルファイアだった。家族ができたらヴェルファイアに乗る、それは僕の夢でもあったので、夢が1つ実現できて嬉しかった。

 

素晴らしいヴェルファイアの乗り心地

夢に見たヴェルファイアの乗り心地は最高だった。何といってもフロントガラスが大きいため、視界がとても広い。周りの車や通行する人々はもちろん、景色がドーンと目に飛び込んでくる。快晴のある日。大きな川の堤防の並びの道路を走った。高台でもあり、周りに高い建物もないので、青い空がパノラマのように広がって心地よかった。価格以上の乗り心地を体感できている。

 

チャイルドシートも簡単に装着

子供が1歳のため、チャイルドシートの着用が必須だ。雨の日なんかは、自分も車内に乗って、子供をチャイルドシートに装着させる事ができる。しかも車内は高さがあるので、自分が中途半端に腰を屈める必要もなく、装着もラクチンだ。

 

続きはコチラ>>