ヴェルファイアのボディ・内装カラー|ヴェルファイア価格ラボ

ヴェルファイアのボディ・内装カラー

このエントリーをはてなブックマークに追加

高級車らしい色と言えば?
ヴェルファイアで選択可能なボディカラーは全部で8色です。

ヴェルファイアで選択可能なボディカラーは全部で8色です

  • ホワイトパールクリスタルシャイン(070)

ホワイトパールクリスタルシャイン〈070〉

メーカーオプションのこの外装色は32,400円の追加料金です。社外アルミホイールなどでインチアップしたときに相性が良いので人気です。

  • シルバーメタリック(1F7)

対応グレードがありますが、今1・2を争う人気色はシルバーです。上品さと若々しさを共有させている事が人気の秘密でしょうか。

  • グレーメタリック(1E14)

シルバーメタリックより少し濃い色になります。シルバー系は細かい汚れが目立たないため、好んで購入する層があります。グレードによりシルバーメタリックが選択できない場合、こちらとなります。

  • ブラック(202)

トヨタのソリッドブラックは正に漆黒と呼んで良い濃厚な黒で、迫力と上品さを兼ね備えています。シルバーと同様にヴェルファイアでは人気です。

  • ボルドーマイカメタリック(3R9)

紫系のワインカラーは好みの分かれるところですが、高級車を下品に見せないギリギリの線で綺麗な色を表現しています。トヨタではこの色をイチオシとしている様で、全グレードで選択できます。

  • ダークブルーマイカ(8P8)

トヨタのメタリックは、他のメーカーにはない独特の深みを持っており、意外と明るめの紺なのですが上品さを失うことなくボディシェイプを引き締めて見せます。

  • ダークバイオレットマイカ(9AF)

ボルドーよりも紫が印象的に見えるダークバイオレットです。この外装色を選びますと後ほど述べますが内装色がダークグレーになります。

  • ライトブルーメタリック(8Q6)

どちらかと言えば不人気色なのですが、比較的上級グレードでのみ選択可能となっています。このボディカラーを選択すると内装色はシェル・またはシェル/クリームというカラーとなります。明るい内装色と明るい外装を合わせています。

 

ヴェルファイアで選択可能なボディカラーは全部で8色です

 

国産車の殆どはボディカラーを選択すると内装色が決まってしまいます。確かに前述のライトブルーメタリックに、黒やダークグレーの内装色は似合いません。

 

シート表皮はそれぞれの内装色に合わせ、ジャガード織物・ジャガードモケット・トリコットと本革が基本となります。その他にハイブリッド専用のバイオファブリック、上級仕様のプレミアム本革、共に内装色に合わせたシートカラーとなります。ヴェルファイアの本革シート及びプレミアム本革シートではシートサイドとシートバックの一部が人工皮革になります。プレミアム本革はキメの細かさと手触りの良いシート表皮となります。

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルファイア価格ラボ TOP>>



ヴェルファイアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

愛車の最高価格を「ズバット車買取り比較」で確認してみる!>>