アルファードとの比較|ヴェルファイアの価格を劇的に下げるマル秘方法を元営業マンが教えます!

ヴェルファイアは、価格やコスパでアルファード以上!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルファイアとアルファードの比較

ヴェルファイアと言えば、比較対象として、アルファードが出てきます。

 

グレードによってですが、ヴェルファイアの方が圧倒的に価格が安い場合があります。私はヴェルファイアに乗っていますが、乗り心地はアルファードと大差ありません。メーターなどは、常に燃費が表示されて、あとどれくらい走る事が出来るかや、燃費の良い乗り方をサポートしてくれます。

 

ヴェルファイアのインテリアも素晴らしい

リクライニングシート

インテリアに関しては、まずシートが自動でリクライニングします。微調節も可能で、ボタン一つの操作です。これまでのリクライニングの操作と言えば、シートの側面などからの手動操作を前提としていましたが、こちらは完全に自動でフットレストの調節も可能です。マッタリとした旅や時間を過ごしたい時には必須の車と言えます。

 

シートは暖房付

車の乗り降りの際も考慮されており、降りる時には、シートが自動で後退します。逆に運転操作をするとなると、自動で前進して最適な位置を保ってくれます。他にも機能があり、シートには暖房機能があります。通常だと、寒い時などは車内にしか暖房が効きませんが、ヴェルファイアだとシート自体にも暖房機能が搭載されているので寒い時にはかなり重宝します。

 

天井の窓も便利で楽しい

また、喫煙される方にはとてもうれしい機能があり、天井には窓があります。暑いとき、寒いときに関わらず喫煙される際には、横の窓をこれまでは開閉していたと思いますが、天井に窓を設置することにより横から入ってくる風をシャットアウトしつつも、寒くない喫煙時間を過ごす事ができます。また、喫煙されない方でも車内を換気したい場合にはオススメです。夜に星空を眺めつつ、車内で横になるのは最高の時間です。

 

豪華なプレミアムエディション

プレミアムエディションを選択すると、さらに内装は豪華になり、シートが高級感のあるベージュ色や、黒色など選択することが可能です。まるで、高級バスに乗っているような快適な旅を送ることが出来るので、子連れの方や、運転好きの方は購入して損はありません。

 

他にも、荷物を積む際には、シートを畳むことが出来るので大きな買い物や、引っ越しや、キャンプなどでは大活躍します。

 

アルファードとの違いはエンブレムだけ?

ここまで紹介した機能はアルファードと同じ機能であり、グレードによってはアルファードより安く購入できる価格なので、ヴェルファイアを選択しない手はありません。見栄えも、アルファードとほぼ区別がつきません。エンブレムを張り替えてアルファードとあっても、大抵の人はアルファードだと思いこむような素晴らしい出来栄えです。暗い時には、車にキーを持って近づくと乗りやすいようにサポートしてくれるためのライトが点灯します。このおかげで、暗い中キーを指すような動作も要りませんし、自動で車のロックは解除されるので、乗降する時もしっかりと運転手をサポートしてくれます。

 

価格が安く、コスパのいいヴェルファイア

価格も最高のグレードだと430万円、アルファードと比較してみると100万近く安く、同機能を備えているので文句なしの車です。

このエントリーをはてなブックマークに追加