ヴェルファイアの価格を劇的に下げるマル秘方法を元営業マンが教えます!

ヴェルファイアのエクステリアデザイン

このエントリーをはてなブックマークに追加

兄弟車・ヴェルファイアとアルファードの違い

トヨタ・ヴェルファイアと言えば、ミニバンの中でも今人気が高い車種です。ご存じのように現行アルファードとは兄弟車で、基本的な構成パーツは共通となっており、インテリア・エクステリアの違いで分かれています。

 

ヴェルファイアとアルファードの兄弟車は、車のことをよく知らない方からすると「どっちがどっち」なのか分かりにくいです。「派手なインパクト」を持つのがヴェルファイア、「押しの強いインパクト」を持つのがアルファードと思えば間違いないでしょう。

 

大きな特徴に違いが出る理由として、ヴェルファイアの方がターゲットとしているユーザー層が若いこと。落ち着いた・上品さと洗練さを謳っているアルファードとでは、エクステリアとインテリアの方向性が違います。

 

フェイスデザインとテール周り

大きな違いはフェイスデザインとテール周りのデザインです。フロントマスクは「力強さと先進性」を表す上下2分割のヘッドライトでアグレッシブに、テールランプはクリアタイプのコンビネーションレンズとなり、どちらかというとオーソドックスなアルファードとの差別化を図っています。

 

ネッツ店専売車種のため、フロントグリルにはウィッシュ・オーリス・ヴィッツ同様に大きくNetsの頭文字Nのエンブレムが付きます。ヴェルファイアはネッツ店でのフラッグシップとなり、同系列店が取り扱う中では最高値の車種となります。

 

全体的なスタイリングは、国産ミニバンではオーソドックスなセミキャブオーバースタイル。フロントグラスを大きく取った、いかにも現代的なデザインになっています。

 

インパクトのあるフロントマスクに注目が集まりがちですがが、良く見るとリアクォーター・リアグラス・テールエンドにかけてのデザインが大きく変わっています。ヴェルファイアと現行アルファードでは、Cピラーより後ろ部分テールエンドまでを絞り込む様に纏め、リアゲートはミニバンにありがちな垂直に切り立った形ではありません。

 

これはボディ剛性を保つのに役立つ骨格の構成に一役買っています。また先代アルファードでは不自然だったサイドのプレスラインが、より自然に纏められています。

 

当然ですが品質を落とすことなく、トヨタの高級車クオリティを保ったままに若者向けのデザインを作り出したところはさすがと言うべき。全体的なデザインの流れは先代アルファードから正常進化をしたボディを持ち、ネッツ店専用車ならではのスタイリッシュさを持つエクステリアになりました。

このエントリーをはてなブックマークに追加