高い視野に広々した車内。大活躍間違いなしのヴェルファイア|ヴェルファイアの価格を劇的に下げるマル秘方法を元営業マンが教えます!

広い車内に高い視点で運転しやすいヴェルファイア

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルファイア体験談

仲の良い友人が新車で購入したトヨタのヴェルファイア。仲が良い友人ということもあり、同乗する、運転する機会が多くありました。それまでは軽自動車に乗っていた友人ですので、本人談では、すごく車体が大きく感じるので運転が大変になった、という感想を聞くことができました。

 

実際に同乗してみると、助手席から見える景色がなんて気持ちの良いものだという印象を受けました。軽自動車とは違い、車高が高くなりますので、車内から高い位置での視点になります。やはり視点が高い方が運転はしやすいですね。

 

助手席に乗った感想としては、サスペンションがしっかりとしている自動車になりますので、非常に気持ちの良い乗り心地でした。車内も広いので、快適にドライブをすることができる車だと思います。

 

私が運転した感想としては、運転席からの視点が高いため、周囲が良く見えることから運転しやすいと感じました。車体も軽自動車に比べると大きいですが、ボンネットもそれほど大きい車種ではないですので、すぐに慣れるでしょう。アクセルも踏んだらその分だけ加速していくので、最高の一言です。

 

燃費を自動計算してくれるメーターが付いていますが、燃費の方は下手くそな運転でも平均リッター10キロ前後なので、大きい車では燃費が良いのではないでしょうか。丁寧に運転するとリッター10キロを超えることは間違いないです。

 

慣れるまでは無茶はダメですね

そんなヴェルファイアで、夜中においしいラーメン店を探していた時の話です。ナビは使わないで探すという方法で様々な道路を走行中でした。「そっち行ってみない?」の一言で悲劇が始まりました。なんと、道がどんどん狭くなっていき、とても転回できるスペースを見つけることができません。そして、曲がり角にて後方右側を電柱にぶつけるというアクシデントが発生。やはり、車体の大きさに慣れるまでは調子に乗ってはいけませんね。

 

幸いにも目立たない傷になっていましたので、そのまま放置しています。現在では、友人の奥さんが車を駐車する際に、バックモニターに頼り過ぎて後方を大きくぶつけたために修理中になっています。

 

旅行、キャンプ、スノボなどに大活躍間違いなしのヴェルファイア

大きい車はアウトドアにも旅行にも使えて便利ですが、自動車に慣れない間は無理な運転は禁物ですね。勿論、将来はヴェルファイアに乗って、キャンプやスノーボード、長期旅行に行こうと計画中なので、修理が終わればすぐにでもドライブで車体に慣れるための練習です。ベルファイアを購入しようと考えている方は、是非、購入してみて体感して欲しい乗り心地です。

このエントリーをはてなブックマークに追加