ヴェルファイアの予防安全・衝突安全装備

ヴェルファイアの予防安全・衝突安全装備

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルファイアは高級車らしく、静的・動的な安全装備も充実しております。現代のトヨタ車らしく各種電子装備を統合制御しているので、殆どの装備が標準となります。

 

ヴェルファイアで装備されているのは

  • SRSエアバッグ

運転席・助手席のSRSエアバッグ、同サイドエアバッグ(左右)、ドライバーの下肢を受け止めるSRSニーエアバッグ、サードシート乗員の頭部側面まで保護するSRSカーテンシールドエアバッグ(左右)の装備で、コクピット・キャビン全体を万が一の事故の際守ります。

 

  • 全方位コンバティビリティボディ

衝突吸収ボディと高強度キャビンで作られた、トヨタのGOAボディ。実際の事故を想定し、車重と車高が異なる車同士の衝突で共存を追求した概念を取り入れています。小型車と衝突時にありがちな、相手側のみに極端に大きなダメージを与えてしまうという事がないように考えられています。

 

  • 歩行者障害軽減ボディ構造

万が一の対人事故の際、歩行者の頭部や脚部への衝撃緩和に配慮した構造とボディ・バンパー。

 

  • アクティブヘッドレスト

フロントシートは万が一の事故の際、ヘッドレストが上方おより前後に移動します。後方から追突された際、乗員の腰がシートバックを押すことで内蔵された機構が作動します。乗員の頭部・背中を確実且つ素早く受け止め、頸部に加わる衝撃の軽減をします。

 

  • プリクラッシュセーフシステム

ミリ波レーダー方式で、先行車や対向車・障害物をの衝突の可能性をセンサーが判断し、安全装備を早期に作動させます。
●警報ブザーとメーター内表示=衝突可能性あり
●ドライバーがブレーキを踏んだ場合のブレーキアシスト=衝突可能性高
●自動的にブレーキを作動させ、衝突速度を低減します。シートベルト巻き取りを同時に行います。=衝突不可避

 

  • レーダークルーズコントロール

レーダークルーズコントロール

ミリ波レーダー、ハンドル操作などの情報により、先行車の認識をします。車速変化があってもアクセルペダルを踏み込んだり話したりしなくても、設定した車速内で車間距離を保ちながら追従走行します。長距離の高速移動では重宝しますね。

 

  • レーンキーピングアシスト

高速道路等の運転時、道路白線(黄線)をカメラが認識、電動パワーステアリングの制御を行い、ドライバーのステアリング操作をサポート。

 

  • クリアランスソナー・バックソナー

車庫入れなどの低速時、超音波センサーが障害物との接近を感知し、ブザーとメーター内表示で注意を即します。

 

  • ハイブリッド車のVDIM

ドライバーの走行イメージはアクセル・ステアリング・ブレーキの操作量で決まります。各種センサー情報で、車両挙動との差を縮めるように各電子装備が統合マネジメントします。

 

  • ガソリン車のS-VSC

例えば滑りやすい路面での旋回時、従来のVSC・TRCの機能と強調して、パワーステアリングのアシスト量などを統合して制御します。

 

※VDIM:Vehicle Dynamics Integrated Management
VSC:Vehicle Stability Control(急なステアリング操作や滑りやすい路面での旋回時などに横滑りを感知し、制動力、駆動力などを制御します。)
TRC:Traction Control(滑りやすい路面での発進・加速時に駆動輪の空転を抑え、適切な駆動力を確保して加速中の直進性、車両安定性をサポートします。)

このエントリーをはてなブックマークに追加

ヴェルファイア価格ラボ TOP>>



ヴェルファイアを安く買うコツは、今の愛車を≪最高価格≫で売って、その代金を新車購入に充てることです!

carview

カービューで愛車のかんたん査定してみる!>>